サイトマップ

TOP » オメガ3脂肪酸とは

オメガ3脂肪酸とは

脂肪には、牛や豚などの動物由来の飽和脂肪酸と、魚由来の不飽和脂肪酸があります。

飽和脂肪酸は、大切な栄養素のひとつでありますが、あまり取りすぎてしまうと、中性脂肪やコレステロールを増やしてしまい、健康にはあまりよくなく、病気を招く可能性を高くしてしまいます。
一方、不飽和脂肪酸は、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす働きをする事で、注目されており、今話題のオメガ3脂肪酸もその一つです。

オメガ3脂肪酸は、人間の体内では作る事が出来ない必須脂肪酸なので、すすんで食事に取り入れたい大切な栄養成分です。

植物由来のものと海洋由来のものとがあります。

植物由来のオメガ3脂肪酸は、ALAというα-リノレン酸を指し、くるみなどのナッツ類や、エゴマ油に含まれています。

海洋由来のオメガ3脂肪酸は、DHAとよばれるドコサヘキサエン酸、EPAのエイコサペンタエン酸、鯖やマグロ、イワシなどの青魚に含まれています。

DHAは、「魚を食べると頭が良くなる」というフレーズが流行った様に、脳とかかわりのある成分であり、摂取する事で神経の伝達を良くして脳の働きを活発にしてくれ、認知症予防としても期待されています。

DHAは、記憶に関わる脳内の海馬という所に多くある栄養成分でもあるので、食品で摂取する事で、記憶力アップに貢献するとっもされています。

EPAは、血小板が集まって塊となるのを防いだり、赤血球を柔軟にする結果、血液の流れをサラサラにします。その事から、心筋梗塞など血栓に関する病気予防として知られています。

DHAとEPAの両方をしっかり摂取する事で、バランスの良いナチュラルな健康を保つ事が出来ます。

神経伝達や血液の流れを浴することの相乗効果が良いのです。

注意として、酸化してしまうと効果が落ちてしまうので、新鮮な食材でおいしく食べることが大切です。

ただ、毎日新鮮な魚を摂る事も簡単ではないので、サプリメントを利用すると参加の心配も無く、継続的に摂取する事がしやすくなるので、オススメです。

カテゴリ
DHAサプリメント一覧