サイトマップ

TOP » 期待される効果 » コレステロールを下げる

コレステロールを下げる

DHA・EPAはとても万能。カラダにとってよい効果をもたらしてくれる栄養素の一つです。

EPA、DHAは魚の油(特にイワシやマグロ)に多く含まれている脂肪酸です。
脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類する事ができますが、EPA,DHAは高度不飽和脂肪酸と呼ばれる、化学構造の中に2つ以上の二重結合をもつ不飽和脂肪酸の一つです。

そして、これらの高度不飽和脂肪酸にはコレステロールを下げる効果がある事が知られています。
コレステロールは肝臓に蓄積されたコレステロールを血液中に運びだし、利用されなかった過剰なものを血液中の放置してしまう悪玉と、悪玉により血管に蓄積してしまい、動脈硬化の原因になってしまうものを再度肝臓に戻す善玉の2つの種類があります。

DHAとEPAには動脈硬化の原因となっている血管内脈に付着したものをはがし取ってしまう善玉を増やす効果があります。

.

日本人は古くから魚を蛋白源として摂取する食生活をしてきましたが、近年の食事の欧米化により魚の摂取量が大きく減ってきたため、このような高度不飽和脂肪酸は不足気味になっています。

高血圧にもいい

DHAとEPAはオメガ3脂肪酸に分類される成分で、青魚の油に多いことで有名です。

血液をサラサラにする効果が高いため、高血圧や動脈硬化などの血管の疾患を予防するために役立ちます。
魚の消費量が減少して、代わりに脂肪分が多い肉類の消費量が増えたのが昨今の食の欧米化です。

脂質は大切な栄養ですが、余計に摂取すれば血液をドロドロにさせるために十分な脂肪を吸収してしまいます。

DHAとEPAを持続的に摂取することは非常に難しいものですが、不足分はサプリメントからも補えます。魚が好きな人でも毎日のようにサンマやサバの料理を食べることは難しいですが、小魚や鰹節であればおやつとしても利用できます。
魚が苦手な人であっても、植物由来のエゴマ油を食べて体内でEPAを作ることができます。

血液サラサラ成分の不足を確実になくすことで、血液の流れが良くなって血管への負担も軽減します。高血圧の症状も改善して、体全体の免疫力も強化できます。

カテゴリ
DHAサプリメント一覧