サイトマップ

TOP » DHA・EPAの効果

DHA・EPAの効果

中性脂肪を下げる

人間の体のエネルギー源は「糖」ですが、体内で過剰となった糖は肝臓で中性脂肪として合成され、体内に蓄積されます。

そして、エネルギー源として必要となった場合に、分解され消費されます。
そのため、中性脂肪は低すぎても高すぎても問題になります。

高すぎた場合には、血管に付着し動脈硬化を引き起こす事で、脳卒中や心筋梗塞などの血管障害による病気の原因になります。
DHAやEPAにはこの中性脂肪を低下させる効果があります。

DHAやEPAは高度不飽和脂肪酸とよばれる脂肪酸の一種ですが、イワシやマグロの眼窩脂肪など魚に多く含まれており、古くから日本人の長寿の理由と考えられてきました。

ところが、食事の欧米化とともに、健康を維持するために必要と言われているEPAとDHAの一日当たり摂取量1gを下回ってしまう食生活となってしまっているケースが増えてきています。そのため、必要となる高度不飽和脂肪酸を摂取するためにサプリメントなどを活用しなければなりません。

動脈硬化を下げる

様々な健康効果が期待されているDHA、EPAですが、その効果の代表的なもののひとつに動脈硬化の予防が挙げられます。

動脈硬化とは血液の粘度が高いことなどが原因で血管の中で詰まりが起こり、血流が流れにくくなるという症状です。
血液の粘度を高める原因となっているのが飽和脂肪酸という脂質で、動物性食品や洋菓子などに多く含まれています。

DHAやEPAは多価不飽和脂肪酸という脂質であり、飽和脂肪酸とは反対に血液の中で固まりにくく、血流をサラサラにする作用が認められており、そのため動脈硬化の症状を改善させることができるというわけです。

DHAとEPAは主にイワシやサバといった青魚に多く含まれています。
血液サラサラ作用を期待するのであれば、毎日1㎎以上は摂取することが推奨されていますが、この量を魚から摂ろうと思えば相当量を食べなければなりません。

魚を食べるのが大変だということであれば、一日の摂取量が簡単に摂れるサプリメントを利用することもおすすめです。

カテゴリ
DHAサプリメント一覧