サイトマップ

TOP » DHA・EPAの副作用

DHA・EPAの副作用

正しい飲み方で安心

高度不飽和脂肪酸であるDHAやEPAには脳神経、脳機能の改善、コレステロールを低下させる、血液の粘度を下げて血をサラサラにするなどの効果があります。
そのため、EPAとDHA合わせて1日当たり1g程度を摂取することが必要であるとされています。

そのため、適切な量を摂取する事には何の問題もありません。
つまり、基本的にはどちらとも副作用はありません。しかし、摂りすぎも注意する必要があります。

サプリメントの場合には、この2つの成分以外の成分も配合されています。
更に、EPAやDHAの血液サラサラ効果が出すぎてしまう影響で、出血を起こした際には血液が固まりにくくなり、出血が止まらない事があります。

そのため、手術などを受ける際には、これらのサプリメントは摂取を控える必要があります。注意書きに書かれている一日当たりの摂取量を必ず守るようにしましょう。

大きな副作用は通常ありませんが、過剰に摂取した場合には注意が必要です。

薬との併用は大丈夫?

DHAとEPAは青魚に多い不飽和脂肪酸で、血液をサラサラにして生活習慣病を予防するために有益です。
できれば魚を食べて全て摂取することが理想ですが、実際には魚が好きな人でも不足しやすい成分です。

そのため、不足分をサプリメントからも補うことが推奨されています。
DHAとEPAのサプリメントは薬品ではなく、健康増進を助けるための栄養補助食品であるため、薬と併用して利用することもできます。

どうしても心配な場合には、医師と相談をして摂取するかどうかを判断することも有効です。

DHAには脳機能を助ける働きもありますから、不足させてしまうとイライラしやすくなります。
EPAが不足して血液の流れが悪くなれば、血圧が高まって血管に余計な負担をかけてしまいます。

動脈硬化と高血圧は現代の生活習慣病として問題となっていますが、サプリメントからも血液サラサラ成分を補っていれば健康になります。
体の免疫力を高めるためにも役立つ成分ですから、現代人は積極的に摂取することが大切です。

カテゴリ
DHAサプリメント一覧