サイトマップ

TOP » DHAとEPAとは

DHAとEPAとは

DHAってなに?

DHAはドコサヘキサエン酸の略称で、必須脂肪酸の中の不飽和脂肪酸の一つです。

脂肪酸は油脂を構成する要素で、健康な生活を維持するのに非常に大事なものです。
普通、油や脂肪というと、肥満オーバーのメタボリックシンドロームになってしまったり、血液をドロドロにさせてしまうようなダークなイメージを持たれがちですが、この脂肪酸は逆に、善玉脂質となります。

飽和脂肪酸よりも融点が低く、常温で固まりにくい性質を持っています。

人間はこの脂肪酸を体内で作れないので、食物から摂取する必要があります。なぜならDHAは身体の中で体調を整え、生活習慣病の予防には不可欠であるからです。
DHAを多く含む食物として魚が挙げられます。

特にいわしや鯖などの青魚に多く含まれ、それ以外ではウナギ、鮭、まぐろなら脂の乗ったトロや目の裏のゼリー状の部分です。

DHAは血液をサラサラにします。赤血球の柔軟性が失われると血圧が上昇し、高血圧を引き起こします。
高血圧は色んな成人病の引き金になるので、早いうちに手当てができるに越したことはありません。

動脈硬化の原因のコレステロール値を抑えることもできたり、中性脂肪による高脂血症を防いだりするため、脳梗塞・脳血栓・心筋梗塞と言った命の危険性も伴う恐ろしい成人病・生活習慣病に罹らないように守ってもくれます。

一時期、魚を食べると頭が良くなるとも言われました。
その事実は明確に立証されているわけではありませんが、体内の血流をスムーズにし、身体全体のバランスが保たれることから、頭の回転も良くなるという解釈でしょう。

DHAを摂るには魚を食べるのが一番と言えど、中には魚嫌いな人もあります。そのような場合には野菜と共につみれにしたり、カレーに細切れを入れたり、あれこれ考えて料理を一工夫するのも楽しいでしょう。

それでもまだ馴染めないという時には、サプリメントで補うという手もありです。いずれにしても生涯はつらつと暮らしていくのには、日々の生活に是非ともDHAをお忘れなく。

EPAってなに?

EPAは、エイコサペンタエン酸という高度不飽和脂肪酸の一種です。

EPAは、イワシやサンマと言った青魚と呼ばれる種類の魚に多く含まれている栄養成分です。
このEPAを人間が摂取したばあい、その効果によって中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させる働きがある一方、善玉コレステロールの増加を助ける作用もあります。

この作用によって、血液がサラサラになります。

EPAは、人間が摂取すると、血液をサラサラにし、その結果として体を健康にする効果を有します。
例えば、血液がサラサラになることで、血液の流れが良くなり、血圧を下げる効果があります。

また、血管にも効果があり、柔らかくて靱性に富んだ血管を作ることに効果があります。

そのため、高血圧だけではなく、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞と言った危険な病気を予防することができます。
また、中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させるため、内臓脂肪が付きにくくなり、メタボリック症候群を予防することができます。

人間の体内ではEPAを生成することで来ませんので、EPAを多く含むことで有名な青魚を摂取することが推奨されています。

その推奨摂取量は、DHAと合わせて1日約1g程度が推奨されています。1gという僅かな量であるため、青魚を食べれば比較的容易に推奨摂取量を摂ることができます。
例えばサンマやアジならば1匹食べれば必要量を満足しますし、マグロならばトロを5切れ程度食べれば充足します。

ブリならば切り身一切れで十分です。特にサンマやアジなどは、値上がりしてきたとはいえ、大衆魚ですから、多くの人が食べようと思えば食べられる価格帯の魚です。

EPAは人間の身体の健康を維持するために重要な働きをしてくれる栄養成分であり、脳梗塞のような重篤な病気や、メタボリック症候群のような、重篤な病気の前段階にある人が積極的に必要量を摂取することで、個々人の健康を維持することができ
特に働き盛りの世代が悩みがちな病気を予防する点で、社会的な効果も大きい栄養素なのです。

カテゴリ
DHAサプリメント一覧