サイトマップ

TOP » DHAとEPAの違いについて

DHAとEPAの違いについて

青魚に豊富に含まれるDHAとEPAは分子構造がよく似ており。体内で作り出すことが出来ない部分でも共通しています。

しかし、この2つの働きには違いがあり、DHAとEPAのそれぞれの働きを理解することで、私達の健康に役立てることが出来ます。

まず、この2つの大きな違いは、私達の体に働きかける部分です。
DHAは、主に脳神経に働きかけて、脳を活発にする作用があります。

よく、「魚を食べると頭が良くなる」と言われますが、その根拠はDHAが脳を活発にする働きにあります。

沢山のことを勉強する子供やお腹の中の胎児、さらにお年寄りの認知症予防にも効果的と言われています。
また、視神経の働きも向上させたり、脳梗塞や脳血栓などを予防する働きもあります。

世界でも有数の長寿国である日本は、高齢化が急速に進行しており、認知症の患者も年々増加傾向にあります。
認知症には、動脈硬化によって脳の血管が詰まったり切れたりすることで起こるタイプ、そして原因不明の脳細胞の死滅によって、脳が萎縮してしまうタイプに分けられます。

DHAは、まだ研究段階ではあるものの、どちらのタイプの認知症にも効果があるだろうとされており、お年寄りの認知症防止のために積極的に摂取していきたい成分と言えます。
その他にも、意外と知られていないのが「視力回復」の効果です。

DHAの摂取量が少ないと視力障害を引き起こすとされており、視力の維持や回復に重要な役割を担っています。
一方、EPAは血液をサラサラにしてくれる効果が強い成分です。

高血圧や動脈硬化の予防、高脂血症の原因である中性脂肪を下げるなど、私達の血液に作用するのが特徴です。

ただし、DHAと異なり脳に作用することは出来ません。また、DHAがコレステロールを下げる効果が高いのに対し、EPAは中性脂肪を下げる効果が高いのが特徴です。このように、よく似ている2つの成分には、それぞれ働き方に違いがあるのです。

DHA・EPAが多く含まれる食品

体に良い成分としてDHAやEPAが注目されています。

DHAやEPAは血液をサラサラにしてくれることで知られており、生活習慣病の予防に役立ってくれますし、DHAは脳の良い効果があることでも知られています。<.p>

それぞれ似た働きを持っていますが、違った特徴も持っていますので、どちらかだけではなく両方をバランスよく摂取していきましょう。

それゆえにこうした成分は積極的に取り入れていきたいですが、食品ではどういったものから取れるのかもよく知っておきましょう。

どちらの成分も青背の魚に多く含まれていることで知られています。
サバやいわし、マグロ、などに多く含まれており、鮎の内臓にも含まれています。

さらにDHAはイクラにも含まれていることで知られています。健康のためにもこうした青背の魚は積極的に取り入れていきたいところです。
魚そのものを調理することはもちろん、より手軽に摂取するなら缶詰などの魚の加工食品から取ることもできます。

魚以外では健康に良いとされるエゴマ油も注目されています。しそ科の一年草の植物から取れるオイルですが、不飽和脂肪酸であるαーリノレイン酸を多く含んでおり、体内でEPAやDHAを作る原料となってくれます。

オイルですが、火を通して使う調理には向いていませんので、そのまま料理にかけたり、サラダのドレッシングにするなどして取り入れていくと良いでしょう。
魚を毎日食卓に出すのは難しいという場合もこうしたオイルなら手軽に取り入れていくことができます。

魚を毎日取るのが難しいという人やどうしても魚の生臭さが苦手という場合はDHAやEPAが豊富に含まれたサプリメントや健康食品から取り入れていくのも良いでしょう。

こうした商品なら魚の味ににおいを感じずに摂取することができますので、魚がどうしても苦手という方にも安心して摂取することができます。

持ち運びにも便利ですので、外食が多い人なども手軽に成分を摂取できるようになります。

カテゴリ
DHAサプリメント一覧