サイトマップ

TOP » EPAとは

EPAとは

EPAは、ブリやマグロ、カツオ、サバなどの青魚や、ウナギ、アナゴに多く含まれる栄養素です。

EPA食品

正式名称は"エイコサペンタエン酸"といい、IPA(イコサペンタエン酸)ともいいます。EPAは専門的には、"多価不飽和脂肪酸"と呼ばれ、DHAと同じく脂肪の仲間です。EPAは、オメガ3脂肪酸で、特に青魚に多く含まれています。

不飽和脂肪酸の中には、体内で悪影響を及ぼす物質に変化するものもありますが、n-3系脂肪酸であるEPAは、その心配がないと言われ、体の味方として役立つ成分として知られています。

不飽和脂肪酸

脂肪と聞くと、ちょっと悪いイメージを持ちますが、肉食中心の方、揚げ物など油っぽい食事が多い方に好まれています。
魚と肉のアブラ、魚は「油」と肉は「脂」と表記します
。肉の「脂」は常温で固まるのに対し、魚の「油」は、サラサラのまま固まりません。海中の氷点下に迫る過酷な環境下の魚は、体内のアブラが固まると生きていけないからなのです。

食生活が不安定で魚などをあまり食べない方にはEPA成分は不可欠です。
EPAは、α-リノレン酸を含むクルミや大豆、きな粉などを摂取すると、人の体内でも合成されます。ただ、その合成量はわずかなので、サプリメントで補うのが、手軽で確実な方法です。

EPAの働きについて:

EPAはDHAと共に青魚のサラサラ成分として、健康維持と深く関わります。世界保健機関(WHO)も高く評価し、世界的に注目と期待が高まる中、日本では、消費者庁が科学的根拠に基づく機能性評価を発表、厚生労働省はEPA及びDHAの摂取目標量を1日1,000mg以上と設定しました。

健康バランスに重要な役割を果たし、良いめぐりに役立つEPAは年々注目が高まっています。

EPAは体内では作り出すことが難しいため、食事からとらなければなりません。
しかし、毎日1,000mg以上とるには、例えば生のまいわしを約80g以上食べ続ける必要があります。しかも頑張って食べたとしても、EPAは加熱によって壊れてしまうのです。
そこで、不足分を補うためにはサプリメントが効率的となります。
EPAの原料は、ペルーやチリ沖で獲れるいわしの精製魚油が中心。青魚の健康成分EPAと一緒に、DHAも摂取が可能です。

カテゴリ
DHAサプリメント一覧